学校法人あゆみ学園 あゆみ幼稚園

あゆみ幼稚園の紹介

ホーム > あゆみ幼稚園の紹介

あゆみ幼稚園の紹介

あゆみ幼稚園の教育

神奈川県横浜市港南区にある幼稚園です。
1955年(昭和30年)に創立し、めぐまれた自然や多くの人々とのふれ合いを通して人間らしさの基礎を培うこと。また、表現活動を通して、個性を伸ばし、豊かな感性と創造力、表現力を育むことをめざしています。

ごあいさつ

幼児期の生活が人格形成の骨格となる事は、よく知られた事実です。
居心地がよくリズムのあるご家庭での生活と適度な自律を促す幼稚園での活動が必要です。あゆみ幼稚園では、ご家庭と園が思いを一つにし、子どもたちと共に育ち合うことを大切に考えています。子ども達は、私たち「おとな」に大切なことをたくさん教えてくれる存在です。

「教え込む」から「育ち合う」「学び合う」へ幼児教育も変化していかなければなりません。「生まれて良かった」という単純な命の喜びを分かち合いながら絆を大切に保育に励んでいます。

幼稚園の環境はその園の教育感を強く表しています。あゆみ幼稚園では恵まれた自然環境の中で、動植物と係る生きた体験を生活の核にして「人間らしい心」を育むべく日々の暮しを楽しんでいます。

あゆみ幼稚園 教育の指標

めぐまれた自然や多くの人々とのふれあいを通して人間らしさの基礎を培う。
表現活動を通して、個性を伸ばし豊かな感性と創造力・表現力を育てる。

あゆみ幼稚園の教育

幼児期の学習は、日常な生活・遊びの中で培われます。
主体的、能動的に環境に関わりながら未来に向かって人生の根っこをしっかり張ってほしいと願いつつ、適切な援助を心がけています。

環境への思い

あゆみ幼稚園は1955年(昭和30年)に創立しました。
人間は、自然のぬくもりを肌で感じながら生活することがもっとも心地よく、特に幼児期には大切なことと考えて木造の園舎にしました。

樹木に囲まれ起伏に富んだ園庭は、子たちを生き生きした遊びに誘います。畑の栽培活動や小さな虫たち、そしてうさぎ・ちゃぼとのふれ合いも人間らしい育ちのために大きな役割を果たします。固定遊具のある広場、観客席のある多目的グランド、「あゆみアルプス」と名付けた土の斜面、アスレチック、展望台のある遊歩道、カーブのある長いすべり台は、どれも子どもたちにとって魅力のある遊び場です。

本物に囲まれて育つ

ゆかりのある作家の作品を季節に応じ各所に展示しています。本物に触れることで、作家の持つ思いが子どもたちへメッセージとして届き、子どもの感性がうまれます。また、季節の野草や花も、豊かな感性を育む大切な環境づくりです。

a