学校法人あゆみ学園 あゆみ幼稚園

お知らせ

ホーム > お知らせ > 64回幼児の生活と表現展

64回幼児の生活と表現展

==子どもたちの作品に囲まれた幸せな二日間==
 
64回を迎えられました。すべては、幼稚園を支えてくださっているすべての皆様のおかげです。皆様のエールが日々、先生を元気にし、子どもたちの保育へ還元します。
 
その結果、大切に愛されながら仲間と暮らす子どもたちは、幼児らしい、そして個々みな違う作品を生み出します。
 
遠方から幼稚園の先生が・・いらっしゃいました。
 
園長:「ようこそ」
 
お客様のお若い先生:「先生の下書きの線がきれいに消えていて作業が大変ですね」
 
園長「??・」下書きの?
 
その幼稚園では、先生が下書きしてから子どもたちが描くんだそうです。
 
一人一人が違う感覚で物事を捉え、自分らしく、自信をもって 「描く」「つくる」って大切ですよね。
 
幼児にとって描くことは話すことと同じです。自由な発想、自由な表現、フリーダム!リベラル!子どもだって、大人だって、心は自由に、そして、行為は自身の価値観で場所や年齢などTPOで使い分け、周りの人を幸せにできる教養にあふれた人をこの学園で育てたい。そう思う出来事でした。
 
ご来園いただきましたみなさまのご批評を糧に次のステージへ全教職員で力を合わせて研鑽を積んでまいります!
 
 
以下、記事とはまったく関係ありませんが・・
 
「ボーっと生きてんじゃねえよ」とならないようにっと。今日も朝早くから出勤し、なんかできることは?とうろつきました・・
 
すると、、
 
薄く明るくなった、庭に紅梅が花盛りとはいきませんが、きれいです。今日は「立春」みなさまにも素敵な春が訪れますようにと願っています。園長
 

<< 一覧へ戻る